メインイメージ

薬を使って中性脂肪を減らす

 

 

中性脂肪を下げるためには、これまで何度も言ってきたと通り
以下のことが重要です。
・バランスのとれた食生活
・十分な睡眠時間
・ストレスをためない
・適度な運動

 

基本的なことですがこれらを怠った人結果、中性脂肪が増えてしまうのです。
食事療法や運動療法がメインとなりますが、それでもなかなか効果があらわれない…という人もいらっしゃるでしょう。
他にも薬を使って中性脂肪を下げるという選択肢もあります。
この方法は、即効性があるわけではありません。ですから長期にわたって服用することが前提です。
薬に頼ると金銭的にも負担がかかりますので続けていくのは人によっては大変かもしれません。
薬に頼る事無く下げることができればいいのですが、どうにもならないときの最終手段ともいえるかもしれませんね。
薬を飲む本来の目的は動脈硬化を改善するためのものです。
中性脂肪が体内に蓄積されると動脈硬化を引き起こす可能性があります。
動脈硬化は命にかかわることですから、そうなる前に薬でコントロールしなければ後に大変なことになりかねません。
薬の代表的なものとしてはフィブラート系やニコチン酸系、EPAなどが挙げられます。
薬を飲めば改善するということではありません。
薬の効果を高めるためにはやはり基本的なことはおろそかにしてはいけないので日々意識して健康的な生活を送りましょう。